ひこばえの

底辺お絵かきマンの日記。「読者登録について」をご一読ください。

自分の絵をどうにかしたい

 

f:id:saemahi:20210905184050p:plain



ここ最近、前回かいた背景入り絵を見ながら、自分の絵に何が足りないのか、何を足したいのかについてずっと考えていました(とにかく野暮ったく全てがダサい、という心の叫びは一旦封印)

「体の描き方が不自然(硬い)」「色の選び方がイマイチ」等いろいろあるのですが、書き起こしたものをまとめてみると、陰影や光源を理解していないから生じた問題が圧倒的に多い事に気付きました。

思えば以前から、もっと立体的にキャラを塗れるようになれればなぁと思ってはいたものの、ずっと避けていた問題でした。

立体的な表現を身に着ける練習法といえば、思い浮かぶのはデッサンとかグリザイユ画法とか……。調べてみてもやはりその二つくらいしか出てこないので、やるしかないかと手を付けています。

で、ためしにグリザイユで久世戸さん塗ってみたのですが、やっぱり色のメリハリが難しい(´;ω;`)これが美術の壁…。

 

今まで色の塗り方は、ずっとエナミカツミさんが大好きで、パリッとメリハリのきいたアニメ塗りが出来るようになりたいと思ってきました。それが黄泉華や死印をやったことで初めて気持ちがぶれて、自分がどんな絵が描きたいのか分からなくなってしまいました。

基本は、アニメ塗りで、もっと濃ゆい立体感が出したいなという漠然としたイメージはあるのですが……。描きたい方向性が分からなくなった途端、二次創作をする手が止まってしまい、それが地味にしんどいです。

 

なんにせよ、もっと陰影をうまくつけられるようになりたいという目標は決まっているので、このままデッサンは毎日練習して、巷で噂のパルミーに手を出そうか考え中。

私でも絵が上手くなれるのかな……。